5月1日にめでたく1周年を迎えた、熊本市北区にある有料老人ホームたいじゅ四方寄の事務:藤村です♪

こんにちは!

夏のイベント、オリンピック・高校野球なども終わり、ついでに子供の夏休みも

終わり、これから少しは涼しくなってくるかなぁと思っていますが

今日の天気・気温からはまだまだ暑い日は続きそうな予感

0826

台風も、東日本に上陸しましたが、通常だと九州へやって来るところですが

やはり温暖化も影響しているのか、地球全体の状況が変わってきているような

気がします。

で、、、

昨日、代表からの差し入れに、わらび餅いただきました(^▽^)

わらび餅

厨房職員の立川さんのところのらしく、食べたい方はこちらまでご連絡を!

クリック⇒わらび餅レシピ

久しぶりに食べて、子供の頃、夏に母親が作ってたのを思い出します

そんな母は、、、

まだまだ元気です、バリバリ働いております

ただ、私事で申し訳ありませんが

以前ブログでも紹介しましたが、高次脳機能障害の父が背骨の骨折から入院して

おりましたが、9月に自宅へと戻ってきます

クリック⇒高次脳機能障害

社会的行動障害

人との適切な距離を保つ、感情を抑えるなど、社会的な生活を送るためにはいろいろな能力が必要とされています。こうした社会でうまくやっていくための能力に障害が起きるものを社会的行動障害といい、これも高次脳機能障害の症状のひとつに数えられているそうです。
社会行動障害では、意欲の低下、突然暴力をふるったり怒鳴ったりする、怒りをコントロールできない、抽象的な話を理解できない、新しいことに対応できないといった症状が見られると言われています。

情動コントロール障害

感情のコントロール困難も、社会的行動障害の症状のひとつと考えられています。イライラを抑えきれずに感情を爆発させてしまうといった症状が見られるようです。
他にも、突然暴力など攻撃的行動を取る、大声で怒鳴るといった、反社会的な行為を突発的に行うという症状も見られることがあるようです。これらの症状以外にも、自分の障害を認識せず否定し、リハビリを拒否してしまうといった症状も見られることがあると言われています。

母親と同居の姉は在宅での生活を選んだみたいですが、

正直、共倒れにならなければと思っております(^◇^;)

一見すると、依然とは変わらない父親ですが、やはり言葉が上手く出ない、

思いが伝わらない、やりたいことができないイライラからか、

上記の障害のような、入院前から暴力も多々みられていたとのこと

病院から併設の老健にはどうかと母へ、話はしたのですが、以前の父親が少しでも

戻ればと思っているのか、母親の気持ちは私にはわかりませんが(~_~;)

両親ともに、元気でいてもらいたいと願うばかりではあります。

個人的な話を長々とすみませんm(__)m

で、、、

最後に、本日お客様がいらっしゃって

0826土本くん①

以前、同じ職場で働いていた同僚で、十数年ぶりの再開

当ホームのフェイスブックを作るようになり、いまの彼の存在を知ることに

0826土本君②

いまでは代表と呼ばれている様子

クリック⇒土本ソーシャルワーク事務所

いつも、いいね!いただきありがとうございます

また、遠いところからきていただきありがとうございましたm(_ _)m

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

私たちは介護現場の『感謝』・『感動』・『活気』に
溢れた事業運営を行ないます!

〒861-5515
熊本市北区四方寄町1672-2
TEL 096-351-1192
FAX 096-351-1193
有料老人ホームたいじゅ四方寄

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴