こんにちは、たいじゅ四方寄の田口です。

昨日は、西梶尾公民館からの依頼を受けて、代表と酒井が講義をさせていただきました。

第一部は代表が担当し「認知症ともの忘れの違いについて」をクイズを交えながら楽しく学びました。

第二部は酒井が担当し「認知症予防に最適、座って出来るリズム体操」を指導いたしました。

クイズでは自分が認知症に該当するのではないかとドキドキされている様子でしたが、体操が始まると、皆さん立ち上がって音楽に合わせながらたのしく運動をすることが出来ました。

参加者の中には90歳を超えていらっしゃる方もいらっしゃり、地域にこのような場所があることは、これからの超高齢化時代には大切なことだと感じました。

介護予防体操の様子