皆さんこんにちは、熊本市北区にて『有料老人ホームたいじゅ四方寄』を運営しております緒方伴泰です。

先日9月27日に私も役員を務めております

「介護経営獅志之会」『ホームページはこちら』

の特別例会で、吉野家ホールディングス会長の安部修仁様をお迎えし、

「経営の本質とは何か?」

というテーマでご講演いただきました。

img_5575

講演の内容も素晴らしく、創業期から拡大期、停滞期からの復活期と実際に困難を乗り越えてきた当事者だからこそ説得力のある力強いお話を聞くことが出来ました。

そして幸運なことに、今回私はアテンドという役割を頂いた為、安部会長と1対1でお話しをさせて頂く機会に恵まれました。

その内容の1つとして

『新入社員に必要な2つの要素』

%ef%bc%92%e3%81%a4%e3%81%ae%e5%8a%9b

として

①役に立ちたいと思う心

②役に立つ為の力

この2つを育むことが大切だと教わりました。

誰しも仕事に就いた時は、誰かの役に立ちたいという想いを持っているはずです。

この想いを育むと同時に、役に立つ為の能力、実力を身に着けていかないと、実際には役に立つことが出来ない。

そうすると達成感を感じることや、感謝を受けることが出来ずにモチベーションが下がってしまう。

そうなると最初に持っていた役に立ちたいと思う心も段々と落ち込んでしまい、仕事のやりがいを感じることが出来ない。

そして最終的には離職してしまう。

という教えでした。

弊社でも入社時が最もモチベーションが高く、段々下がっていくという現象がよく起こります。

社員のモチベーションを下げない為の取り組み、工夫は様々で、息抜きをすることも大切ですが、

根本的な「誰かの役に立ちたい」という想いを感じる為には、

どうすれば人の役に立つことが出来るのか

という技術を叩き込むこみ、実力、能力を身に付けさせることが大切だと学びました。

採用情報